政務調査費についての視察

急遽視察先が岩手県に差し替えになり、一路盛岡へ。
参議院選挙でも関心が高かった「政治とカネ」の問題の
地方版ともいえる「政務調査費」問題の調査です。

そもそも「政務調査費」とは、地方議員に議員給与とは別に
別に用意されている「政策調査・研究」のためのおカネです。

現在、静岡県では、「会派」にひとりあたり45万円の
政務調査費が支給されており、私たちの会派「平成21」にも
(20人×45万円=900万円)が支給されています。
県議会全体だと、74人×45万円なので、なんと3330万円!
責任を感じますし、しっかりと政策に反映される”活きガネ”に
しなければなりません。

ところが現状は、この政務調査費の使途基準が不十分で
しかも使途報告も十分とはいえません。
そこで、現在静岡県議会にも「政務調査費改革調査委員会」
(正式名称違うかもしれません・・・)
が設置され、より透明性が高くしかも有用な使い方ができる
条例づくりが急ピッチで進んでいます。
この協議会には非常に残念ながら
1年生議員は所属させてもらえないので
今回のような先進県の視察をして、
その考察を委員のみなさんに託すことしかできません。
今回の岩手視察でも、細かい部分まで多くの参考事例がありました。
これらをしっかりと先輩議員に託して、
よりよい政務調査費の運用ができるようにしたいと思っています。

視察内容についての考察は、個人的見解になり現在の協議に
あらぬ影響を与える可能性もあるので
ここでの明示を差し控えますことを、なにとぞご理解ください。

関連記事

  1. 新型インフルエンザワクチン接種に関して

  2. 明日は引越し

  3. 一気に冬

  4. 夏がゆく

  5. ブログ

  6. 天浜線キャンペーン

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031