神奈川県受動喫煙防止条例

先月神奈川県において
「受動喫煙防止条例」が成立いたしました。

これは、たばこを吸わなくても他人のたばこの煙を
受動的に吸い込むことによって健康被害がでることを
防ごうという趣旨で、日本では始めての条例化となります。
たばこの健康被害については、すでに周知のとおりであり
健康についてパッケージにまで大書されているとおり
「自己責任」が前提とされています。
が、それを望まないのに“受動的に被害をうける”
ことについて世界でも問題視されており、
すでに50ほどの国でさまざまな禁煙法が施行されています。

そういった意味では、日本の国としての対応遅れは
事実であり、今回の神奈川県の独自の取り組みは
特筆ものであると私は考えています。

それを一部では、「当初案に比べて骨抜きになった」だの
「意味がない」などという批評があるようですが、
「言うは易し。なれど、行うは難し。」
であり、今回の一歩前進には大きな評価すべきなのです。

「地方から国を動かす」ひとつの例が
まさに隣県神奈川でおこなわれたことを、
私たちはしっかりと認識しなければいけないと思います。

関連記事

  1. 宇宙基本法

  2. 今年もありがとうございました。

  3. 6月県議会閉会所見

  4. 一日40時間

  5. 全国交通安全運動週間

  6. 選挙応援

あべたくラジオ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Facebookページ

静岡県議会議員阿部卓也事務所Youtubeチャンネル

  1. 2018.03.31

    サクラノハナはらはらと散る。

  2. 2018.03.19

    卒業式

  3. 2018.03.11

    鎮魂

  4. 2018.03.10

    北朝鮮外交

  5. 2018.03.06

    委員会審議こそ、議会の花。

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

投稿日

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930